医療過誤、医療ミスの協力医

協力医とは

 医療過誤が疑われる場合には、通常調査のご依頼をお受けし、弁護士がカルテを読み、協力医の先生のご意見をおうかがいするのが基本となります。

 中には、協力医の先生のご意見を聞くことなく、いきなり裁判をする弁護士もいますが、通常のケースでは、カルテの精査、協力医のご意見をうかがうことなしに、過失の有無を判断することは、困難です。  

協力医の先生の思い

 協力医の先生にご相談すると、実に熱心に相談に乗っていただけることが少なくありません。カルテを読み、検討するには、それなりの時間もかかります。皆様とても多忙な中、検討して下さいます。他の医師のミスの相談に乗ることには躊躇する方がが多い中、協力して下さるのは、やはり正義感からだと思います。

 また、「あの病院はこんなひどいことをやっているのか。交渉せずに裁判をして、世の中に知らせて欲しい」と言って、心底腹を立てる方もおられます。とはいえ、裁判は、依頼者の方の負担も大きいので、まず交渉から行いますが・・・

 とても不誠実な医師や病院に遭遇して腹立たしく思うことも少なくありませんが、熱心で正義感の強い協力医の先生にお会いすると、感動します。