常位胎盤早期剥離の医療過誤

常位胎盤早期剥離とは

 常位胎盤早期剥離とは、子どもが生まれる前に正常位置に付着していた胎盤が剥離するもので、軽症なもの、中等症のもの、重症のものがあり、時には妊婦の死亡にもつながります。

 常位胎盤早期剥離が発症すると、血液の凝固因子が使われ、母体の血液の凝固障害を来し、妊婦が死亡することがあり、常位胎盤早期剥離が疑われるケースでは、早急に対処することが重要だとされています。

子どもが脳性麻痺になり、慰謝料を認めた裁判例

 常位胎盤早期剥離により、子宮上部切除に至り、子どもが脳性麻痺となった例につき、医師の経過観察義務違反を認めた例があります。この例は、胎児心拍モニタリングを続けていれば、胎児の低酸素状態を把握することができ、超音波検査を実施することにより、常位胎盤早期剥離の確定診断ができ、確定診断ができれば、直ちに帝王切開を実施して、より早期に胎児を出すことができた蓋然性があると判断しました。しかしながら、どの程度早く出すことができたかを認めることができないとして、脳性麻痺や子宮膣上部切断を避けることができたとは認められないとして、この損害に対する賠償責任は認めなかったものの、医師に注意義務違反がなければ、子どもや母親に重い後遺症が残らなかった相当程度の可能性があるとして、慰謝料のみ認めました。

死産の例につき、慰謝料が認められた裁判例

 死産の例につき、胎児の監視を怠った過失があるとして、慰謝料が認められた例もあります。

交渉で責任を認めることも

 このように、個々の事情により異なりますが、常位胎盤早期剥離のケースでは、医師に胎児の監視義務違反があったかどうかが問題となります。

 医師の監視義務違反が認められるときには、交渉で医師が責任を認めることもあります。
 当事務所でも、交渉で、医療機関側が責任を認めて解決した事例があります。
 裁判は希望されない場合でも、まず、医療過誤を扱う弁護士の法律相談を受けることをお勧めします。